めんどくさがりのための節約ブログ

節約ってめんどくさいけど、楽しい。

*

三菱東京UFJ銀行のATM手数料が無料になる裏ワザとまではいかないけど、知っておいて損はない話

   

今回の記事は地方都市に住む人向けの記事です。

消費税が8%になっていろんなものが少しずつ値上がりしましたが、その一つに銀行のATM利用手数料があります。

昔から、銀行のATM利用手数料については、自分のお金を銀行に貸したり返してもらうのに、なぜこっちがお金を払わなきゃならないんだと思っていました。

だから、郵便貯金を使ったり、コンビニATMを利用しても手数料が無料だった三菱東京UFJ銀行をメインバンクにしてました。
ところが、昨年末にメガバンク系の中で唯一コンビニ手数料が無料だった三菱東京UFJ銀行もついに有料化にふみきりました。

手数料って馬鹿にならず、1回100円で計算しても、月に3回はATMを使うので、一年で換算すると4000円弱になります。
三菱東京UFJ銀行の店舗のATMを使えば、手数料は無料ですが、僕が住んでいるのは地方都市。
首都圏のように家や職場のすぐそばに店舗はなく、行くには交通費がかかり逆に割高になります。

職場近くの地方銀行の口座にメインバンクを移す事も考えました。
でも、とてつもなく面倒くさいのです。
しょうがない。
交通費より安いのだと自分に言い聞かせ、これからは手数料を払おうと考え、実際に払っていたんですが、最近たまたま良い所を見つけました。

これって、意外に知らない人もたくさんいるんじゃないかと思うのです。
地方でメガバンク系をメインに使っている人にはお得な情報だと思います。

それっていうのがイオン銀行のATMです。
これは、コンビニATMほど多くはないのですが、三菱東京UFJ銀行のATMよりは色んな所に設置されています。

そして、色んな銀行と提携しているらしく、ATMの利用手数料が提携先の銀行ATMと同じ手数料で使えるわけです。
もちろんメガバンク系だけでなく、色んな銀行のカードが使えます。
詳しいことは、直接イオン銀行のサイトを見てもらったらわかると思います。

イオン銀行(ATMでご利用いただけるカード)

ちなみにメガバンク系では、みずほ銀行も平日昼間の手数料は無料です。
つまり、同行のATMと同じ手数料で使えます。
三井住友銀行は残念ながら手数料が必要です。(なぜだろう)

このイオン銀行のATMは、イオン系列だけではなく、食料品スーパーなんかにも設置してあります。
僕が運がよいのは、職場から最寄りの、歩いていける距離にあるスーパーに見事に最近設置されたのです。

銀行から遠くて、しょうがなくコンビニで手数料を払ってATMを利用している人は、イオン銀行のATMの場所を把握しておくと、何かと節約になるかもしれませんよ。

 - 金融機関関連の話 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新しく銀行口座を開設しようと思う

先日のエントリーで、三菱東京UFJ銀行のコンビニATM手数料が有料になったので、 …