めんどくさがりのための節約ブログ

節約ってめんどくさいけど、楽しい。

*

SUGOCAを解約するときに知っておきたいこと

   

僕は電車にめったに乗ることはありません。
月に1回から2回かな。
地方都市に住んでいて、通勤で電車を使わない場合こんなものだと思います。

ただし、電子マネーカードは持っています。
九州に住んでいるのSUGOCAというカードです。
最近では相互利用が出来るようになり、仕事で東京に行った時にも使えてとても便利です。

ところで最近、職場にもう一枚SUGOCAを発見しました。
どうやら、相方が持ってきたものらしいのですが、相方は東京在住だった頃から使っているSUICAがあるため、新品のままこのSUGOCAが寂しく放置されていました。(一年以上)

久しぶりにそれを見てみると、2011年のホークス優勝記念として発行されたものでした。
デザインもなんとなく可愛いいし、どうやら残高も残っているようだったので、こちらのSUGOCAを使うことに決めました。

それで、もともと持っているSUGOCAに残高が少しだけ残っているため、2枚を1枚に統合できないか調べたところ、どうやらそれは不可能な様子。

そこで預けているデポジットの500円を返してもらうため、もともと持っているSUGOCAを解約しようと、解約の仕方を調べてみました。

すると、解約のためにはどうやら払い戻し手数料が220円かかるとのこと。

でもここからが面白くて、SUGOCAの残額が220円以上の場合、手数料の220円が引かれた額が払い戻されます。
しかし、220円以下だった場合は払い戻しはもちろんないですが、手数料を手出しする必要もないとのこと。

つまり、残額が0であれば手数料の220円を支払う必要は全くないのですね。

まぁあれこれいってきましたが、結論としては、

SUGOCAを解約するときは使いきってからがいい

ということになります。
(SUICAやICOCAの場合も同じみたいです。)

ちなみに、電車賃を自動精算機で精算する場合、足りない分だけ現金で払うことが出来ます。
220円なので、ここまで拘る必要はないかもですけど。

それから、ポイントに関してですが、使用日の翌々日にポイントが付与されます。
そして、その翌年度末(3月31日)までポイントは有効です。

これは、解約するとリセットされるます。
ポイントの確認も、行っておく必要があるかもしれません。

 - クレジットカードや電子マネーの話 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

楽天カードを作るならJCBにした方がいいと思う

最近、クレジットカードの見直しを始めました。 いやー、それにしても世の中でクレジ …

漢方スタイルクラブカードからレックスかリーダーズカードに乗り換えようと思う

我が家では、漢方スタイルクラブカードという見た目と名前が超絶カッコ悪いクレジット …